肝臓と腎臓について漢方的な見地からアドバイスいたします 漢方のサカモト



    切っても切れない関係にある肝臓と腎臓

   肝臓機能障害・腎炎・ネフローゼ・むくみ・黄疸・
はきけ・小便が出にくい・暑気あたりなど

◎肝臓の働き
物質代謝: 肝臓では、吸収された栄養物がどんどん身体に必要な形に作り替えられて血中に送られます。
又エネルギー源として貯えられる分は、必要に応じて分解され血中に送られます。
肝臓は物質を変化させる、いわば化学工場の働きをしているんです。

         

解毒作用:

体外から入ってきた有害物質や、体内で生じた有害物質を毒性の少ない形に変えて解毒します。
このとき、尿中に溶けやすいように水溶性物質に変えられ、解毒物は腎臓から排泄されます。

胆汁分泌: 脂肪の消化などを促す働きのある胆汁を製造し、又分泌します。
その他: ビタミンの貯蔵・活性化、血液循環の調節、血液凝固因子の合成などお働きもあります

◎腎臓の働き
排泄作用: 腎臓では、身体に不必要な老廃物や、肝臓で解毒され毒性の少なくなった有害物質などが尿として排泄されます。
これが排泄処理工場といわれるゆえんです。
また体液のバランスを崩す元になる余分な水分や塩分、老廃物についても尿として排泄していきます。
従って、この腎臓の働きが不十分になると体内に毒素が滞るようになり、肝臓を始め身体のあちこちに負担がかかるようになります。


水分・電解質の調節:

食物の量や質などに応じて水分や電解質の量を調節するため、体液の量や組成は常に一定に保たれるようになっています。
これを体液の恒常性(ホメオスターシス)お言います。

その他:

腎臓には血液量を感じる部位があり、血圧に関するホルモンの分泌を調節しているため、腎臓の機能が悪くなると血圧が上昇し、高血圧になる場合があります













肝臓機能障害、腎炎、ネフローゼに
ジョッキ

<トップページ>へ